2015年03月24日

犬の遺言

ネットで有名な「犬の遺言」。
もちろん犬ではなく人が書いたものです。

でも、毎日犬と一緒にいると、犬の優しさ、寛大さ、まっすぐな気持ちを感じる場面がたくさんあって、犬は本当に「犬の遺言」のようなことを考えているんじゃないかと思うことがあります。

やっぱり人の勝手な妄想かもしれませんがわーい(嬉しい顔)

===*===*===*===*===*===*===*===

「犬の遺言」 

人間は死ぬとき、
遺言を書いて、
愛する人に全てを残すという。

ボクにもそういう事ができるなら、
こう書くよ。

可哀想なひとりぼっちの野良犬に
ボクの幸せなお家を譲ります。

ボクのフードボールや
豪華なボクのベッドも
柔らかい枕もオモチャも

大好きな(飼い主の)膝の上も
ボクを優しく撫でてくれるその手も
優しい声も

今までボクが占領していた
あの人(飼い主)の心も
あの人(飼い主)の愛も…

ボクに穏やかな
最後を過ごさせてくれたその場所を

ボクをギュッと抱きしめてくれた
そのぬくもりも。

ボクが死んだら、

「こんなに悲しい気持ちになりたくないから
もう2度とペットとは暮らさない。」
って言わないで

その代わりに、寂しくて、
誰も愛してくれる人がいない犬を選んで、
ボクの場所を
その子にあげてちょうだい。

それがボクの遺言だよ。
ボクが残す愛…
それがボクが与えられる全てだから

===*===*===*===*===*===*===*===


犬と暮らしたいと思っている人がいたら、ペットショップに行く前に、成犬譲渡の会のサイトやいつでも里親募集中のサイトを見て欲しいなと思います。

うちのワンコとの出会いもいつでも里親募集中でした。

保護犬チャイちゃんやうちのワンコみたいないい子たちがたくさん、新しい家族が見つけてくれるのを待ってます犬(笑)

DSCN3370.JPG



ニックネーム ゆきこ at 19:41| Comment(0) | 保護犬を迎える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

横浜市動物愛護センター

週末に、うちのワンコがいた保護団体あに☆らいつの卒業犬オフ会がありました。

場所は横浜市動物愛護センターです。

最初にお知らせが来たときは「愛護センターになんて行けないたらーっ(汗)」と参加を悩んだのですが、横浜市の愛護センターは大変きれいで悲壮感などはありません、とのことだったので勇気を出して参加してみました。

横浜市動物愛護センターの入口下
DSC_0230.JPG

一般開放されているエリアもあり、犬猫の飼育方法について、ペット同伴避難時の持ち物について、シニア犬の介護についてなどの展示がされていました。

図書スペースもあり、夏休みは近隣の小学生であふれかえっていたそうです。

図書スペースから見た中庭下

DSC_0231.JPG

通常はドッグランになっていると言っていたような…

中庭には猫舎があります。
猫の適切な飼育環境を見せるための施設にもなっていて、大きな窓とキャットタワーのある1畳ほどの部屋がいくつかあり、各部屋に猫が1匹ずついました。
猫たちはお昼寝したり、キャットタワーで遊んでいたり、のんびりと過ごしていました。

猫は外を自由に歩くのが好きだと思って放し飼いをしている飼い主さんが多いのですが、猫は外を広く歩くより、縦の移動の方が好きなのだそうで、家の中にキャットタワーなど縦に移動できるものを置いてあげる方がいいそうです猫(足)

猫の放し飼いはやめましょう。

DSC_0236.JPG

その横の建物の2階には犬舎があります。
やはり大きな窓の1畳ほどのスペースに1匹ずつ犬が入っていました。
ここにいる子たちは譲渡対象の子たちで、窓ガラスに「譲渡決定」や「準備中」などの紙が貼ってある子たちが何匹かいました。

10才の黒ラブラドールが「譲渡決定」となっていて、みんなで「よかったねえたらーっ(汗)」と喜びました。

施設は本当に綺麗で、図書スペースやグルーミングスペースなど一般開放している施設もあり、想像していたような悲壮感はありませんでした。

でも「こんなに綺麗だと、安易に放棄しに来る人が増えそうだね…」という声もありました。

きっと放棄する人はいなくならいと思います。

でもこんなに綺麗な施設だったら、「ペットショップに行く前に愛護センターに行ってみよう。」という気持ちになりやすくなるかな、と思いました。

全国のセンターも一般の人が入りやすい施設に変わっていくといいですね。


ニックネーム ゆきこ at 20:23| 保護犬を迎える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

保護犬を飼うA

成犬譲渡の会のマーク君の預かりさんブログにあった「譲渡会の数時間で始めて会った人に慣れろ・・・ってのがまず無理」という一文、本当にその通りだと思いました。

誰にでも尻尾フリフリ、初めての人にも大きな笑顔で近づいて行ける子もいますが、知らない人には警戒してしまう子や、ロビーのように人より犬に興味津々の子など、いろんな性格の子がいます。


うちのワンコは群馬県の収容センターからあに☆らいつという団体に引き出され、預かりさんの家で3ヶ月ほど過ごし、我が家にやって来ました犬(笑)

推定年齢が5才から7才の成犬でした。

お見合いで初めて会ったときは、預りさんのことをずっと目で追い、預りさんがトイレに立ったときは私の膝からもがいて降りて、必死で預りさんを追いかけようとしていました。

ペットを選ぶときにありがちな「目が合ってピンときたexclamation」とは程遠い状況です。

お見合いの最後に家族で撮った写真には、預りさんではなく私が抱っこしているからかショボンと下を向くワンコの姿が写っています。

R0014047-1.jpg


我が家に来てからも、1ヶ月くらいは遠慮がちで、脱走を試みたり、私が出かけるときには置いていかれないようにドアの隙間からついて来ようとしたり…


あれからもうすぐ2年になりますが、今ではこんな風にリラックスした姿を見せてくれたり、

DSC_0229.JPG


暇さえあれば私のことをジーっと見つめて、見つめながら昼寝に落ちたりしています黒ハート

DSCN1067-1.jpg


保護犬を飼うのは初めてだったので、脱走も遠慮がちな姿も気にとめなかったのですが、今思うと、自分の意思とは関係なく環境がどんどん変化して毎日怖かったのだと思います。

ロビー君も我が家に来たときは、いつもケージの奥でブルブル震えて、不安なようすでした。

きっと里親さんが見つかっても、最初の頃はよそよそしかったり、脱走を試みたりすると思います。

でも、毎日愛情を持って接していれば、「ここは安心な場所だ」と理解して必ず心を開いてくれます。

成犬でも仔犬でも、別の家で飼われていた子でもペットショップから購入した子でも、みんなそれぞれ性格があり、すぐに順応できる子も慣れるまで時間のかかる子もいます。

成犬だから懐かない、保護犬だから問題がある、という先入観は持たず、1匹でも多くの保護犬に目を向けて欲しいと思います。


「よろしくおねがいしまーす犬(笑)
DSCN1672-1.jpg


ロビー君は成犬譲渡の会の保護犬です。

次回譲渡会は10/19日曜日に緑山で開催します。

11/9日曜日は、寿量寺にてたくさんの団体が集まって合同譲渡会を開催します。

20141001_003149.jpg
ニックネーム ゆきこ at 08:00| 保護犬を迎える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

保護犬を飼う@

ある日の夫との会話。

私「なんでみんな仔犬がいいと思うんだろ。うちのワンコもロビーも成犬になってから来たけど、何も問題ないし、手もかからないよね〜」

夫「やっぱり仔犬から飼った方が愛着がわくんだろ」

私「うちのワンコに愛着はわいてないの?」

夫「うちのワンコは特別だからなGood

私「ロビーにも愛着わいちゃってるよね?」

夫「ロビーも特別だからなGood

結局、仔犬とか成犬とか関係なく、一緒に暮らせば特別になってしまうのです犬(笑)


「特別なボクたちるんるん

DSCN1634~2.jpg


ロビー君は成犬譲渡の会の保護犬です。

次回譲渡会は10/19日曜日に緑山で開催します。

11/9日曜日は、寿量寺にてたくさんの団体が集まって合同譲渡会を開催します。

20141001_003149.jpg
ニックネーム ゆきこ at 15:42| 保護犬を迎える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月13日

殺処分0

最近「殺処分0」という言葉をよく耳にして、私もそうなったらいいな〜と思っているのですが。

譲渡の会のブログ
殺処分0は動物のためになるのだろうか」や、
私がよく参考にしているPONOPONO式のグラさんという方のブログの
殺処分を減らすためのガイダンス
犬の譲渡と安楽死を考える
を読んでいたら、現状での殺処分0はやはりペットのためにはならないことを痛感しました。


犬に限らず、人間がいるから「ペット」として存在している動物たちは、やはり人間と同じように扱われなければいけないですよねウサギカメ犬(笑)猫(笑)

「不要だから」とか「手に負えないから」という理由で人間を殺さないのと同じように、ペットたちにも、更生施設、児童養護施設、ホスピスなどの受け皿があればいいのに…
そのためのペット税とか犬税とかだったら、よろこんで納めます。

元保護犬と現役バリバリ保護犬の君たちはどう思う?

DSCN1539.JPG

ホゲ〜眠い(睡眠)


明日は緑山で譲渡会です。
ロビー君も参加します。
かわいい保護ワンたちに会いに来てください犬(笑)

ニックネーム ゆきこ at 14:47| 保護犬を迎える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする