2014年11月05日

鬼怒川に遺棄された犬たち

成犬譲渡の会の活動ニュースブログに「鬼怒川に遺棄された犬たちのその後」という記事が載っていました。

鬼怒川の川岸に44頭の小型犬の死体が放置されていた事件について、会の方が問い合せたそうです。

当初は、火葬業者が火葬せずに遺棄したという報道でしたが、今回問い合せたところ、火葬業者ではなく繁殖業者が不要になった犬たちを放置した可能性が出てきたそうです。

このまま捜査を続けて、火葬業者だったのか、繁殖業者だったのかきちんと調べてほしいと思います。

その結果、もし繁殖業者が遺棄したのであれば、ニュース番組や、テレビ番組の中の1コーナーでもいいので、劣悪な繁殖業者についての実態を放送してほしいです。

繁殖業者が成り立ってしまうのは、ペットショップで子犬や子猫を買う人がいるからということだけでなく、繁殖業者の実態について広く知らせないことも大きな問題なのだと思います。

こんな扱いを受けた子たちが少しでも救われるように、繁殖業者や保護犬について近くの人からでも話をしていきたいと思います。

ニックネーム ゆきろー at 20:41| 拡散 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

サマーカットについて

いつもワンコたちのトリミングでお世話になっているトリマーさんのブログに、サマーカットについてのリンクがありました。

涼しいはずが逆効果!ペ ットの“サマーカット” にちょっとまった!

大事な愛犬のためにと夏はサマーカットにしたくなりますが、実は愛犬のためには良くないそうです。


ニックネーム ゆきろー at 11:49| 拡散 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

茨城センター

しろいぬの里という保護団体のブログに、茨城センターの記事がありました。

茨城センターだけでなく、全国のセンターで、新しい家族のお迎えを待っている子たちがたくさんいるんですよね。
でも期限がくれば、二酸化炭素で窒息死させられてしまいます。

もちろん、殺処分を行っているセンターが悪いのではありません。

最後まで責任を持てない飼い主や繁殖業者によって、うちのワンコも、預りロビー君も、近所の元保護犬チワワちゃんも、成犬譲渡の会の保護犬たちもみんな、センターに収容されて、窒息死寸前という経験を強いられたのです。

里親になるという選択肢がもっと広まればいいな、と思います。
ニックネーム ゆきろー at 00:04| 拡散 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

長野県での猫の虐待

ロビー君の保護団体成犬譲渡の会の活動ニュースブログからの転載です。

- - - - - - - - - - - - - -

ペンション経営の男が白い猫を檻に入れたまま「これから猫を処分します」と川に入れて水死させる画像を自ら撮り放映をしました。

「ニコニコ動画」と言うサイトからの放映です。

部屋に入って来て人間の食べ物を食べ散らかしたと言う事で「悪い事をしたのでこれから水死させる」と画像まで撮り放映する事自体、変質者としか思えません。

このようなことをする人間は必ず目標がだんだん子供、女性へとターゲットが変わっていく事は今までの殺人事件で判明されています。

この事で多くの方が
「動物愛護法違反じゃないか」
「放映する事はおかしい」
「変質者」など長野県警に通報が入り今捜査中だそうです。

このような事例がゲーム感覚で行われるようになり人間の心がますます「命軽視」の方向に傾いています。

是非この男を逮捕してもらうよう当会からも県警に要請致します。
詳細は「ポメママ預日記」を参照してください。

http://blogs.yahoo.co.jp/pomemarilove/38512860.html
ニックネーム ゆきろー at 20:41| 拡散 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長野県諏訪大社の神事

ロビー君を保護している成犬譲渡の会の活動ニュースブログから転載します。

- - - - - - - - - - - - - - - -

元日の朝冬眠中の蛙を土から掘り起こし、生きたまま口から尾まで串を刺通しお供えすると言う神事に対し「命を他のものに換えて行うように」という要望書を送りました。

以前はウサギ、鹿を同じような形で供えていた記載がありました。

他の寺社も蛙を矢で射るなどの神事を行っていましたが、今は矢を射る動作のみに換えて行っています。

今だ鎌倉時代からの厳粛な神事だとのことで行われている事に、改善をしていただくようお願をいたしました。

しかし「諏訪大社において氏子崇敬者とともに守り伝えた諏訪信仰上重要な神事でございますので何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます」という、他の団体様「犬猫救済の輪」に回答が来たものとまるで同じ文面が書かれた回答が送られてきました。

再度変更をするよう要望書を送りますが、皆さまからもお手紙、電話をして下さい。

このようなことを子供、変質者が行えば問題になるようなことも「神事」だからと認めるなどとても容認出来る事ではありません。
今の世の中、小さな命をも大切にする気持ちを忘れないようにする事が
いかに大切かを皆さまも考えてください。

〒392−0015
長野県諏訪市中洲宮山1番地。諏訪大社宛て

電話0266−52−1919
FAX0266−52−3383


ニックネーム ゆきろー at 20:35| 拡散 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする