2014年12月27日

ソニー君の近況

すっかりくつろぐソニー君犬(笑)

1419668933707.jpg

シャンプーをしてもらったそうですよぴかぴか(新しい)

里親さんからは「おすわりができません」とあったのですが、「待て」と「どうぞ」は覚えたのでしょうかexclamation&question
うちでは「無理だな…」と予想していたのですがわーい(嬉しい顔)

里親さんがこの写真を送ってくれた日の朝、ちょうど夫が「最近はソニーの写真ないの?」と言っていたので、その日の夜に偶然ソニー君の写真が送られてきてうれしびっくりるんるん

ソニー君をとてもかわいがってくれていた近所の女の子も「ロビー君はお引っ越ししたんだってね。よかったね…」と少し寂しそうだけど、喜んでくれました。
お散歩友達もみんな「寂しいけどよかったわね。」と言ってくれます。

ソニー君の過去はわからないけど、センターから助け出されていろんな人にたくさんかわいがってもらって、今では温かい家族と一緒にクリスマスも年越しも過ごせるのですクリスマス
ソニー君、助けてもらって、頑張って生きて出てこられて、本当によかったね。

冷暖房のない茨城のセンターでは、寒さで年を越せない子たちもたくさんいるそうです。
日本中の保護犬、保護猫たちがどの子もみんな温かい家庭に迎えられるのが当たり前になりますように。

カメラに残っていた保護犬時代のソニー君↓
DSCN2834.JPG
ん〜、かわいい黒ハート

ニックネーム ゆきこ at 18:11| ロビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

ソニー君の近況

ソニー君(保護名ロビー)が里親家に引っ越して2週間たちました。

この2週間で、ソニー君は里親さん家族にたくさんかわいがられ大事にされ、少し太ったとか。
幸せ太りですねるんるん

でも、うちにいた頃は用を足したらさっさと家に帰るようなお散歩でしたが、今では毎日たくさん歩いているそうなので、快食・快便のいい生活でするんるん

里親さんのお宅の近所にはある有名人のお宅があり、ソニー君は毎朝毎夕そのお宅の前でとっても立派なウンチをするそうです。
きっとその豪邸前は静かで、落ち着いて用を足すのにいい場所なんでしょうねわーい(嬉しい顔)


最近はごはんの前に「待て」と「よし」の練習をしているそうですが、それを聞いたうちの夫は「無理だな…」と一言。

今は「待て」の一言を聞くと離れて行ってしまい、遠巻きに様子を伺っているそうですが、「よし」ではわかりずらいのかも、と合図を「どうぞ」に変えてくれた優しい里親さん。
里親さんの根気と愛情で、ソニー君もいつか「待て」と「どうぞ」を覚えてくれる、かもexclamation&question

うちのワンコにはおやつを使って、おすわり、おて、まて、ふせを覚えさせたのですが、おやつ欲しさに必死になって「おすわり」や「ふせ」を繰り返す姿に切なくなってしまい、最近はすっかりやらなくなってしまいましたー(長音記号2)
何もしなくても、かわいい我が子です黒ハート

ソニー君も、何もしなくても「かわいい、かわいいハートたち(複数ハート)」と甘やかしてくれる息子さんがいるから、コマンドは簡単には入らないかもしれませんねあせあせ(飛び散る汗)

里親さんがんばれーexclamation×2

毛布をホリホリする動画も送ってもらい、「相変わらず掘ってるね〜」と、久しぶりの動くソニー君の姿を家族で楽しみました。

楽しく幸せに暮らしているソニー君とご家族の様子をうかがうと、私たち預り家族もとっても幸せな気持ちになりまするんるん



ニックネーム ゆきこ at 16:29| ロビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

譲渡決定

ロビー君、正式に譲渡が決まりました犬(笑)

新しい名前はソニー君です。
里親さんの息子さんが、映画「ゴッドファーザー」の優しく熱い長男の名前から名づけてくれたそうです。

ソニー君、優しい家族にステキな名前をもらって毎日幸せそうですexclamation×2

息子さんとロビーの様子もとても微笑ましてくて、すでに息子さんはアマアマ飼い主さんになっているようです顔(笑)

怖くていつも最後まで見られないゴッドファーザー。
この機会にまた挑戦してみようかな…


トライアル出発前のロビー君。

DSCN3076.JPG

「今日もグータラ過ごしましょ〜」なんて思っていたのでしょうか。
幸せへの一歩を踏み出そうとしているんだよ。


大きな問題もなくロビーを受け入れてくれたうちのワンコと。

DSCN2882-1.jpg

ロビーがいなくなってさみしいかなと思ったのですが、とても快適に過ごしているようです。
ロビーがいる時は、なかなかお散歩から帰りたがらなかったのですが、今ではすんなり帰るようになりました。

12/14㈰は緑山で譲渡会がおこなわれます。
1匹でも多くの子たちが、新しい家族と温かい年越しを過ごせますように。

ニックネーム ゆきこ at 10:08| ロビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

トライアル・3

トライアル先の里親さんから連絡が来るたびに、幸せそうなロビーの姿が目に浮かんで、いつもいつも涙が出てしまいます。

最近は、里親さんが帰って来るとピョンピョン跳ねて、ベロベロなめて大喜びだそうです。

息子さんはロビーだけでのお留守番時間をできるだけ短くしようと、出かける時間ギリギリまで一緒にいてくれているそうです。

そんなに大切にされて、ロビちゃんは幸せですたらーっ(汗)

週末は里親さんのご実家に遊びに行き、ご実家でもとてもいい子で、びっくりされたそうです犬(笑)

いつでも里親さんにピトっとくっついていて、寝ているばかりですが超かわいいです、と書いてありました。

ロビちゃんのトライアルは、想像以上に順調ですGood


ロビー君は成犬譲渡の会の保護犬です。
ただいま幸せトライアル中です黒ハート



ニックネーム ゆきこ at 20:36| ロビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜市動物愛護センター

週末に、うちのワンコがいた保護団体あに☆らいつの卒業犬オフ会がありました。

場所は横浜市動物愛護センターです。

最初にお知らせが来たときは「愛護センターになんて行けないたらーっ(汗)」と参加を悩んだのですが、横浜市の愛護センターは大変きれいで悲壮感などはありません、とのことだったので勇気を出して参加してみました。

横浜市動物愛護センターの入口下
DSC_0230.JPG

一般開放されているエリアもあり、犬猫の飼育方法について、ペット同伴避難時の持ち物について、シニア犬の介護についてなどの展示がされていました。

図書スペースもあり、夏休みは近隣の小学生であふれかえっていたそうです。

図書スペースから見た中庭下

DSC_0231.JPG

通常はドッグランになっていると言っていたような…

中庭には猫舎があります。
猫の適切な飼育環境を見せるための施設にもなっていて、大きな窓とキャットタワーのある1畳ほどの部屋がいくつかあり、各部屋に猫が1匹ずついました。
猫たちはお昼寝したり、キャットタワーで遊んでいたり、のんびりと過ごしていました。

猫は外を自由に歩くのが好きだと思って放し飼いをしている飼い主さんが多いのですが、猫は外を広く歩くより、縦の移動の方が好きなのだそうで、家の中にキャットタワーなど縦に移動できるものを置いてあげる方がいいそうです猫(足)

猫の放し飼いはやめましょう。

DSC_0236.JPG

その横の建物の2階には犬舎があります。
やはり大きな窓の1畳ほどのスペースに1匹ずつ犬が入っていました。
ここにいる子たちは譲渡対象の子たちで、窓ガラスに「譲渡決定」や「準備中」などの紙が貼ってある子たちが何匹かいました。

10才の黒ラブラドールが「譲渡決定」となっていて、みんなで「よかったねえたらーっ(汗)」と喜びました。

施設は本当に綺麗で、図書スペースやグルーミングスペースなど一般開放している施設もあり、想像していたような悲壮感はありませんでした。

でも「こんなに綺麗だと、安易に放棄しに来る人が増えそうだね…」という声もありました。

きっと放棄する人はいなくならいと思います。

でもこんなに綺麗な施設だったら、「ペットショップに行く前に愛護センターに行ってみよう。」という気持ちになりやすくなるかな、と思いました。

全国のセンターも一般の人が入りやすい施設に変わっていくといいですね。


ニックネーム ゆきこ at 20:23| 保護犬を迎える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする